楡馬blog 楡馬.comへ戻る

函館スプリントSを考える

 今週は『web楡馬』はお休みです。

 さて、函館SSはシーイズトウショウが人気の模様。こいつを買ってもつまらない。っていうか、無理にでも悪い材料を見つけてみる。まず、「牝馬で同一重賞3連覇を成し遂げた馬は過去にいない」。牝馬は当てにしづらい。現にシーイズトウショウの成績に安定感はない。さらに、「今回は56kgを背負う」。牝馬は2kg減であるから牡馬で言えば58kgに相当するので、メンバー中で1頭抜けて重い斤量である。この馬がそこまで抜けた馬とも思えない。この2点を理由にシーイズトウショウは来ないとする。

 というわけで、こう考えてみた。

11シンボリグラン56柴山
22ダイワパッション52長谷川
33プレシャスカフェ56四位
4トールハンマー56安藤
45フサイチホクトセイ56横山典
6シーイズトウショウ56池添
57ギャラントアロー57木幡
8タニノマティーニ56須貝
69キーンランドスワン57藤田
10マイネルアルビオン56武幸
711ブルーショットガン56藤岡
12ビーナスライン54秋山
813プリサイスマシーン57岩田
14マイネルハーティー56塚田


シンボリグラン … 前走・安田記念7着は好調な証拠。56kgで臨めるココは上位争い。
フサイチホクトセイ … 条件馬だが相手なりに走る堅実さを買う。
ブルーショットガン … 昨年のこのレース13着なので期待薄だが、重賞勝ち馬が56kgなのは恵量。絶好調・藤岡に乗る。
プリサイスマシーン … 2003年6月以来、掲示板を外していない安定感を信じる。

 てなわけで、馬券は3連複で
  1、5、11、13
のBOXで4点勝負してみる。
| comments (0) | trackbacks (15)

「ダンゴ打ち」6月期終了〜

 予想ゲーム「みんなのダンゴ打ち」6月期が本日の帝王賞をもって終了しました〜。

 優勝は独帝さん。2位に1万6000点近く離しての楽勝。ユニコーンSで1830円を◎‐○的中(10倍)でいきなりリードを奪っての余裕の逃げ切りでした。独帝さんの優勝は昨年11月期以来7期ぶりですね。おめでとうございます。

 7月期は、中央でG靴个り8つ、地方では5日(水)スパーキングレディーカップ(川崎)、12日(水)ジャパンダートダービー(大井)、17日(祝・月)マーキュリーカップ(盛岡)の3つ、計11レースを対象とします。

 7月期もみなさんのご参加をお待ちしております。
馬 > ダンゴ打ち | comments (1) | trackbacks (0)

web競馬新聞『web楡馬』宝塚記念号発行

 『web楡馬』の宝塚記念号(通巻6号)を発行しました。

 今週も競馬の話はほんのちょっと。本紙で新馬券の提案をしたくらいで、あとは競馬と無関係なことを好き勝手に書いてます。

 ワールドカップにちなんでサッカーの話? と思いきや…。
 昔懐かしのマンガの話。
 神は存在しない話。

 ドイツ臨時支局の独帝氏はサッカーW杯にちなんでサッカー絡みで予想するのかと思いきや…。

 そして、今週も抱腹絶倒・危険極まりない内容でお送りする『ボディ労』。今週は某S学会の他にライトウィングさんや現アー○フさんから何か言われそうです。
馬 > web楡馬 | comments (4) | trackbacks (49)

川原、やっぱりバケモノだ…

 そのだ・ひめじけいばのオフィシャルサイトを覗いてビックリ。

 「6月27日から川原騎手は4鞍までの騎乗数制限がなくなり8鞍まで騎乗できます」

 とあった。知らなかった。川原ほどの騎手がやけに騎乗数が少ないなぁとは思っていたが、他騎手の半分しか乗れない制限があったとは…。

 ちなみに、6月22日までの兵庫での戦績は234戦55勝でリーディング4位。勝率は田中学に4ポイント差をつけて23.5%で2位(1位は岩田の27.5%)。まだ移籍1年目なのだから、これで川原が園田や姫路を手の内に入れたらどんな成績になるのだろう?

 現在のリーディングは木村健の105勝。50勝差はさすがに厳しいが、年末に逆転してたら驚きだ。(でも川原ならやるかも知れない…)
| comments (0) | trackbacks (0)

道営の騎手について…

 ホッカイドウ競馬のレース映像を見て気付いたのだが、藤倉と千葉の勝負服が昔と違っている。いつ替えたのだろう?

 道営の騎手って勝負服のデザインをコロコロと替える風潮があるような気がする。渋谷もデビューした頃の映像を見て違っているなぁと思ったものだ。

 …と、その渋谷、全然出てないなぁと思ったら、引退してたのね。昨年は71勝でリーディング2位だったのに…。なぜ? 調教師にでもなったんだっけ? でもNARのデータベースを見ても調教師のとこに渋谷の名前はないんだよね。どうしたの? いつの間にか國信も調教師になってるし…。

 若手騎手はと言えば、オレが見ていた頃の若手だったパントマイマー中村はそこそこに乗れているようで、岩橋、伊藤、小平、桑村、ヒロ斎藤といった若手が出てきていて、この中から五十嵐冬樹をおびやかす者が出てくれば面白い。

 騎手とは関係ないけど、今日行なわれたステイヤーズカップって〔H1〕なんでしょ? なのに1着が500万円って…。昔は1500万もあったよ。それだけ道営の経営が苦しいってことか…。
雑談 | comments (0) | trackbacks (0)

不評な競馬実況アナ

 フジテレビの青嶋のことではない。

 今日たまたまホッカイドウ競馬オフィシャルサイトを見ていて、ファンが書き込める掲示板にて「ひどい実況の人がいる」という書き込みを見つけた。

 なんでも、馬名は間違える、馬番は全然違う、間違えたままゴールまで実況する、感情丸出し、実況の後ろで馬券がハズれた声が聞こえる、などといった具合だそうだ。

 機会があったら一度聞いてみようと思うが、なんでもその人は男性だということなので、小枝さんでないことは確かだろう。

小枝佳代

 小枝さんがそんなひどい実況をするわけはないし、きっと後進の育成か何かで実況慣れしてない人にやらせているのだと思う。でももうちょっとマシになってから使うべきではないのかな。ホッカイドウ競馬のイメージダウンになっちゃうべさ。

 みんな一度、兵庫の吉田勝彦アナに弟子入りしたらいいんだって。南関東でお馴染みの及川暁アナも吉田アナの弟子で、誰もが知るあの「サトル節」は元はといえば「吉田節」を受け継いだもの。全国の地方競馬がみんな「吉田節」で染まったら、それはそれで面白いと思う。
雑談 | comments (0) | trackbacks (0)

マーメイドS、獲ったり!

1着13ソリッドプラチナム49安部
2着2サンレイジャスパー51佐藤哲
3着4オリエントチャーム51赤木
4着9マイネサマンサ56福永
5着1シールビーバック50中村


<馬単>
2↔9 2↔13 9↔13
2→8 2→14 9→8 9→14

予想で、ステイゴールド産駒だから、と選んだソリッドプラチナムが見事差し切って、本命に推したサンレイジャスパーも差してきて、馬単13,570円的中〜! よくよく考えたら安部幸夫で49kgって反則だよな〜。

安部幸夫

いや〜、万馬券獲ったのって何年ぶりだろう。04と05年はこまめに馬券買ってなかったから、最後に獲ったのは3年以上前のことだ。これで来週の宝塚記念に弾みがついた♪

来週は『web楡馬』を発行しますんで、ヨロシクお願いします。
| comments (0) | trackbacks (0)

マーメイドS、予想

11シールビーバック50中村
22サンレイジャスパー51佐藤哲
33スプリングドリュー50鮫島
4オリエントチャーム51赤木
45トウカイラブ52
6プリモスター51和田
57フィヨルドクルーズ53吉田豊
8ライラプス55岩田
69マイネサマンサ56福永
10プリンセスグレース51生野
711レクレドール55武豊
12マリアヴァレリア50吉田隼
813ソリッドプラチナム49安部
14ヤマニンシュクル57四位


サンレイジャスパー … 高橋成忠師がここを狙っていた、というからには勝算アリと見た。ハンデも良い。哲三の一発に賭けたい。
マイネサマンサ … 前走は調整過程から何からほとんど上手くいかなかった。今回は輸送もないしローテーションも悪くない。良績ある京都の今年なら昨年2着の実力で上位争い必至。
ソリッドプラチナム … 唯一の3歳馬で、古馬初挑戦が重賞とは荷が重いが、ステイゴールド産駒ということに期待。同走のレクレドールはステイゴールドの妹。こういうときはどちらかが好走する。それならハンデの軽い方を狙いたい。
ライラプス … 岩田だから。
ヤマニンシュクル … ハンデ頭は一応。

てなことで、馬単で
 2↔9 2↔13 9↔13
 2→8 2→14 9→8 9→14
の10点で勝負。
| comments (2) | trackbacks (9)

ホッカイドウ競馬から返事がきた

 先日、ホッカイドウ競馬のホームページで、ホッカイドウ競馬に対する意見・要望なるものを書いて出してみた。内容は、「これまでにホッカイドウ競馬に貢献のあった馬・騎手・調教師・生産者などを殿堂のような形で表彰するのはどうでしょうか?」というものだ。

 「ホッカイドウ競馬の歴代三冠馬やオースミダイナーのような交流重賞の勝ち馬や、古くは大井の全日本アラブ大賞典を勝ったミスダイリンなど名馬はたくさんいるではないですか。騎手にしても伝説の千島武司騎手や松本隆宏騎手など名騎手がいます。」と付け加えてみた。

 すると、昨日返事が着て、「過去の名馬や騎手などを振り返る企画、大変参考になりました。最近はコスモバルクばかり扱っていますが、過去にもファンを沸かせた馬や騎手も数多くいましたので今後検討していきたいと思います。」と丁寧な文面で嬉しいことを書いてあった。

 もし、今後ホッカイドウ競馬が競馬殿堂みたいなことをやったら、私の意見が聞き入れられたものだと思ってください。(ホントに聞き入れてくれるのは難しいと思うけど…)

 ついでに、現在コツコツ作っている競馬辞典の「千島武司」の項を書くにあたり、「千島騎手が'76年に作った年間130勝が歴代リーディングの史上1位の記録ですか?」と聞いてみたところ、これも丁寧に「1976年千島武司騎手の130勝で間違いありません」と回答を頂けた。

 ホッカイドウ競馬の親切・丁寧でファンを大事にする姿勢。これからもその姿勢で頑張ってもらいたいものです。
| comments (2) | trackbacks (0)

エプソムC、CBC賞を考える

 今週は競馬新聞『web楡馬』はお休みです。というわけで、ブログ上でエプソムCとCBC賞の予想を書きます。

 まずエプソムCですが、前売りではマチカネキララがダントツ人気ですが、これを推したのでは誰でもできるつまらない予想だ。そこで、

 ◎は6.ペールギュントで勝負。2歳時の活躍を考えれば軽視され過ぎ。2歳時に1600〜1800mを中心に使われたことを考えれば、ここ3走の1400〜1600mは短い。休み明けは気になるが、却って新境地を見出せるのではないか。

 ○は11.ダンスインザモア。本質的に1600〜1800mの馬。先行前残りな馬場が気になるが、中間枠をひいたので馬場の中央でも通ってくれば案外あるのではないか。木幡への手替わりもプラス材料に見たい。

 ▲は17.カナハラドラゴン。これまた前残り馬場がマイナスな馬だが、前走・新潟大賞典の切れ味が捨て難いので大西の腕に期待したい。

 △には2頭出しは人気薄の鉄則で13.スズノマーチ、長期休み明け2走目で狙ってみたい8.クラフトワーク、脚質的に今回は合いそうな10.ニシノデューの3頭。

 というわけで、エプソムCの馬券は3連単で、

 6と11と17のBOXの6点と、
 6→11→8、10、13

の計9点でどうかな。
続きを読む>>
| comments (0) | trackbacks (30)
1/2 >>