楡馬blog 楡馬.comへ戻る

「ダンゴ打ち」12月期終了〜

 重賞レース予想ゲーム『みんなのダンゴ打ち』12月期が、本日の東京大賞典をもちまして終了しました。

 今月の優勝は西ノ海嘉治郎さんです。愛知杯、中山大障害、ラジオNIKKEI2歳Sをそれぞれ◎−○的中と、配当はあまり大きくなくても10倍による着実な加算で終盤までにリードを奪って逃げ切りを収められました。西ノ海さんの優勝は昨年2005年の9月以来、2度目となります。おめでとうございます。

 2位は独帝さん。最後までトップの西ノ海さんから離れず追いかけ、最終週の兵庫GTで600点の僅差まで迫りましたが、東京大賞典では及ばずでした。的中点数は実に10点とダントツの1位だったのですが、西ノ海さんと違って予想馬の配置が良くなく、そこの差が出てしまったようです。しかし予想馬の配置はこのゲームの永遠のテーマですし、仕方ないでしょうか。


 今年のダンゴ打ちはこれにて終了です。年が明けて1月期はTCK女王盃(1/24)、川崎記念(1/31)などがあります。2007年もよろしくお願いいたします。
馬 > ダンゴ打ち | comments (0) | trackbacks (1)

〔調査データ〕12月の騎手月間成績

 12月の中央競馬が24日で終了したので、今月も12月の月間騎手成績を出してみましょう。

 まずはリーディングから。

2006年12月
騎手 勝利数 順位
順位騎手勝数騎乗
1位横山典弘14勝65回
2位ルメール11勝49回
3位ペリエ11勝53回
4位岩田康誠11勝83回
5位蛯名正義10勝67回
6位中舘英二10勝80回
7位武豊9勝51回
8位藤田伸二9勝53回
9位後藤浩輝9勝80回
10位鮫島良太8勝59回

 1位は横山典弘となりました。1日5勝の固め打ちがありましたので、そこいらへんが良かったようです。10月と11月の1位だった安藤はわずか5勝どまり、また武豊が香港遠征していたことも1位になれた要因だったかも知れません。

 次に勝率を見てみましょう。

2006年12月
騎手 勝率 順位
順位騎手勝率
1位ルメール22.4%
2位横山典弘21.5%
3位ペリエ20.8%
4位武豊17.6%
5位藤田伸二17.0%
6位蛯名正義14.9%
7位福永祐一13.9%
8位鮫島良太13.6%
9位岩田康誠13.3%
10位中舘英二12.5%

 1位はルメールとなりました。先月も12.9%とそれほど悪くなかったのですが、今月は一気に数字を上げました。中京へ行ったのが良かったのかも知れません。
 武豊は終盤、完全に失速という感じでしょうか。1月は33.8%という高勝率でスタートを切り、年間でどんな数字を叩き出すのかと思われましたが、終わってみれば年間22.5%どまり。来年の出だしはどうなることでしょうか。

 最後に、単勝回収率と複勝回収率を出してみましょう。

2006年12月
騎手 単勝&複勝回収率 順位
単勝回収率順位複勝回収率
田辺裕信233.7%1位吉田豊184.8%
勝浦正樹227.5%2位蛯名正義163.1%
吉田隼人169.0%3位塚田祥雄143.2%
石橋脩116.6%4位田中勝春141.1%
佐藤聖也116.6%5位木幡初広129.3%
西田雄一郎115.6%6位上野翔128.2%
福永祐一113.6%7位吉田隼人126.7%
長谷川浩大101.2%8位松岡正海122.7%
ペリエ96.2%9位ペリエ119.8%
藤田伸二94.7%10位太宰啓介118.2%

 「田辺」って誰?とか思ってません? 2002年デビューの関東の騎手ですよ。2年目をピークに勝ち星は毎年減ってますが、通算66勝を挙げています。今年に限って言えば、ハンデ戦で複勝馬券を買い続けていればプラスになった騎手です。
 勝浦は先月をさらに上回った数字を叩き出しました。穴ジョッキーの実力を再び発揮し始めましたね。
 それにしても単勝回収率で100%を上回ったのが8人しかいないとは…。一方の複勝回収率は17人もいました。これは珍しいことです。

 さて、12月の勢いが1月にも引き継がれるのか、年を新たに別の騎手たちが台頭するのか。このデータを来月の参考にするもしないも、どうぞご自由に。
馬 > データ | comments (0) | trackbacks (1)

有馬記念を振り返る

 「あ〜ぁ…。つまんねぇ…」

 レースを見ての率直な感想だ。

 何とかならんかったのかなぁ、他の馬たちは…。ディープインパクト1頭でレースやってんじゃないんだから。

 まぁこれでディープインパクトが競馬界を去って再び群雄割拠の面白い状況が訪れるわけだ。

 で、「ディープインパクトに代わって来年以降はどの馬を中心に競馬界が回っていくのか」がこのレースに懸かっていると思って見ていたわけだが、来年の競馬界を背負って立つのはポップロックなわけですか? いいのか、それで…。なんか違う気がする…。本来なら若いドリームパスポートかメイショウサムソンであるべきだったはずなのだが…。まぁ仕方ない。
続きを読む>>
| comments (0) | trackbacks (13)

web競馬新聞『web楡馬』<有馬記念>号発行

 web競馬新聞『web楡馬』有馬記念号(通巻17号)を発行しました。世間では「6冠馬のラストラン」だの「歴史的名レースになる」だの言われていますが、そんな狭い視野でレースを見たのではつまらないです。もっと穿った見方をしないと。

<通巻17号のラインナップ>
  • 本紙/鎌倉重明
  • ケンスケ緒羅! − 『判官びいき』
  • 独帝 − 『制球勝負』
  • 西ノ海嘉治郎 − 『買うしかない!』
  • 編集/青汁注射 − 『ある女性を論じる』

web楡馬_通巻17号_有馬記念

 2006年は今号が最後です。今年一年お付き合いいただきまして有難うございました。来年も『web楡馬』をよろしくお願いします。
馬 > web楡馬 | comments (2) | trackbacks (75)

話題の藤田本


特別模範男

特別模範男

東邦出版
特別模範男



2004年に「特別模範騎手賞」の表彰を受けた男が書いた『特別模範男』なる本。注目です。

藤田はJRAの全ての騎手に範を示しましたねぇ。人を殴ったら書類送検されて騎乗停止になる、と。さすが特別模範男だ。
買い物 | comments (2) | trackbacks (2)

〔調査データ〕中山2500m 騎手成績&枠別成績:ディープに死角あり

 今日は有馬記念の枠順が発表されたので、中山・芝2500mのデータを出してみましょう。ディープインパクトがラストランを飾れるのかどうか。

 いつも通り、1996年以降に行なわれた中山・芝2500mの全レースをさらってみました。施行レース数は132、出走延べ頭数は1557頭でありました。

 まずはいつも通り、枠の成績を出してみます。いつもは連対実績を見ていますが、今回はディープインパクトが勝つかどうかを中心に見たいので、連対ではなく、1着実績で見てみます。

中山 芝2500m 枠別勝利成績
(1996年1回1日〜2006年5回6日)
1枠2枠3枠4枠5枠6枠7枠8枠
1.2841.2340.7681.4590.9390.6580.8880.955

 毎度のことですが、数値は1を平均として、1を超えるほど1着の実績があり、下回るほど実績がない枠ということになります。表をグラフ化すると以下になります。

中山・芝2500m 枠別勝利指数

 突出して良いのが4枠です。次いで1枠、2枠。内枠有利と言われるコースらしい結果になりましたが、注目は3枠です。こちらは逆に悪い。6枠ほどでないにしても0.8を下回ると厳しいと言わざるを得ません。

 で、ディープインパクトの枠はというと、ズバリ、3枠です。これは早くも死角を背負うことになりました。

 次に、1996年以降の騎手成績を見てみましょう。今回の有馬記念の騎乗予定騎手14人のリーディングです。

中山 芝2500m リーディング
第51回有馬記念騎乗騎手
(1996年1回1日〜2006年5回6日)
順位騎手1着2着3着
1位蛯名正義17勝9回11回
2位横山典弘7勝8回7回
3位柴田善臣5勝16回12回
4位ペリエ5勝2回2回
5位武豊4勝7回4回
6位武士沢友治2勝3回1回
7位内田博幸1勝0回0回
8位勝浦正樹0勝2回6回
9位武幸四郎0勝1回0回
10位石橋守0勝0回0回
11位池添謙一0勝0回0回
12位五十嵐冬樹0勝0回0回
13位安藤勝己0勝0回0回
岩田康誠騎乗なし

 突出した成績を挙げているのは蛯名です。ですが、今回の騎乗馬がウインジェネラーレでは話にならないでしょう。無視です。

 問題なのは武豊です。「4勝、2着7回」と2着の方が多いのはこの騎手には珍しいことです。他の競馬場では大抵1着数の方が上回っていますので、もしかすると苦手にしているのではないでしょうか。

 それをさらに確かめるために勝率&連対率も見てみましょう。14人中、それぞれ上位7人までをリストアップします。

中山 芝2500m 勝率&連対率
第51回有馬記念騎乗騎手 上位7位
(1996年1回1日〜2006年5回6日)
勝率順位連対率
ペリエ31.3%1位ペリエ43.8%
蛯名正義18.9%2位武豊37.9%
内田博幸16.7%3位武士沢友治33.3%
武豊13.8%4位蛯名正義28.9%
武士沢友治13.3%5位柴田善臣23.9%
横山典弘10.4%6位横山典弘22.4%
柴田善臣5.7%7位内田博幸16.7%

 武豊の勝率13.8%は他のコースでは考えられない低さです。また、勝率、連対率ともに武士沢に近いです。このコースに限って言えば、「武は武士沢並み」ということになります。ヤネが第2の死角です。

 ちなみに、武豊は有馬記念には相性が悪いことで有名です。1勝しかしていません。その1勝も1990年のオグリキャップの時のみです。世間では「感動的な有馬記念」として記憶されていますが、見識ある競馬ファンの間では「史上最低の有馬記念」と言われています。そんなレースしか勝ったことがないのです。昨年に至っては、無敗の三冠馬をもってして敗れる失態を犯しています。第2の死角は相当重い死角と言えるでしょう。

 ではディープインパクトが負けるとしたら、何が勝つのか? それもデータで見てみましょう。というか、もうお判りですね。

 「ダントツの勝率No.1騎手・ペリエ」が騎乗し、「1着実績のある1枠」を引いた、ポップロックです。

 以下、騎手の実績はないものの最高の枠を引いたダイワメジャーとスイープトウショウ、騎手に騎乗経験がないのが却って未知の魅力のデルタブルースが対抗候補でしょうか。

 データは「ディープインパクト1着の可能性は低い」と結論付けました。
馬 > データ | comments (0) | trackbacks (3)

〔調査データ〕中山大障害に際して今年の障害の騎手成績を見てみる

 今年の中央競馬も残すところ1週のみ。フィナーレを飾るレースといえば勿論、中山大障害。有馬記念は見逃してもこちらは見逃せない。

 というわけで、中山大障害を楽しく見るために、今年の障害競走における騎手成績を見てみようじゃありませんか。


 まずは、リーディングから。上位15人までを出しますよ。

2006年 障害競走リーディング
(2006年12月17日現在)
順位騎手1着2着3着
1位西谷誠12勝7回5回
2位白浜雄造9勝7回1回
3位小坂忠士9勝4回6回
4位横山義行8勝5回6回
5位穂苅寿彦8勝5回4回
6位熊沢重文6勝3回4回
7位田中剛5勝8回1回
8位宗像徹5勝4回6回
9位今村康成5勝4回5回
10位嘉堂信雄5勝4回2回
11位浜野谷憲尚5勝3回6回
12位山本康志5勝3回3回
13位金子光希4勝8回4回
14位高田潤4勝4回4回
15位出津孝一4勝1回8回

 1位は西谷です。残りのレース数から今年の障害最多勝が確定しており、初のリーディングとなります。
 2位は現在のところ白浜です。すっかり「障害の白浜」というイメージが定着しました。
 3位は小坂で、2位の白浜とは僅差なので、2位を奪取できるかは最終週に懸かっています。
 意外なのは穂苅の順位でしょうか。平地でも結構乗っていますが、障害も上手くなったようです。

 次に、勝率でも見てみようかと思いましたが、どうせJRAのホームページで調べればすぐに分かることなのでやめましょう。

 勿論、このブログで出すべきは単勝回収率&複勝回収率でしょう。障害競走に限定した回収率のデータなんて、出してるところはあんまり無いんじゃないでしょうか。

2006年障害競走 単勝&複勝回収率10傑
(2006年12月17日現在)
単勝回収率順位複勝回収率
仲田雅興310.2%1位植野貴也157.8%
高田潤212.3%2位五十嵐雄祐142.2%
小坂忠士209.4%3位出津孝一126.0%
横山義行173.7%4位柴田大知124.2%
田中剛142.4%5位小坂忠士123.8%
白浜雄造137.6%6位浜野谷憲尚122.5%
穂苅寿彦132.6%7位高田潤110.6%
黒岩悠127.0%8位西谷誠102.9%
柴田未崎117.9%9位岩崎祐己99.4%
今村康成104.2%10位沢昭典97.4%

 それぞれ上位10人は以上のようになりました。ちなみに騎乗数が24回未満の騎手(平均して1ヶ月に2回乗ってない騎手)は省いています。


 さて、何か得るものはあったでしょうか?

 ここに記載の全員が中山大障害に騎乗するわけではないですが、何かの参考になるかと思います。
馬 > データ | comments (0) | trackbacks (1)

阪神カップを考える

 定量戦で1着賞金7000万、と限りなくG気剖瓩た契滷猫供阪神の名物レースとなれるかどうか。それには最初が肝心であろう。

 外国馬を含むG鞠4頭が参戦して、メンバーのレベルはまず確保されたと言って良さそうだ。問題は内容だ。質の高いレースを期待する。

11ステキシンスケクン56ルメール
2ダイワパッション54長谷川
23ダイワメンフィス57熊沢
4ニューベリー57四位
35タガノバスティーユ56池添
6コートマスターピース57ペリエ
47プリサイスマシーン57松岡
8コスモシンドラー57武幸
59ビーナスライン55秋山
10フサイチリシャール56福永
611アサクサデンエン57藤田
12ブルーショットガン57
713マイネルスケルツィ56武豊
14チアフルスマイル55岩田
15タマモホットプレイ57渡辺
816シンボリグラン57柴山
17ツルガオカハヤテ57モンテリーゾ
18オレハマッテルゼ57柴田善


コートマスターピース 先日調べたこのコース「3枠有利」「勝率No.1騎手ペリエ」というデータから自信の◎。
タマモホットプレイ … いい加減来る頃ではないかと、前走の3着で感じたので。
オレハマッテルゼ … 定量戦ならG鞠呂琉嫦呂鮓せてもらわないと。
コスモシンドラー … 阪急杯2着の実績を買う。前走快勝の勢いも買う。
ダイワパッション … 牝馬限定とはいえ重賞連覇したのだから力はあるはず。久々が影響しなければ。

 買い目は、馬単で、
  ◎=○ ◎=▲ ○=▲ ◎−△
の8点とする。

 今週も『web楡馬』はお休みです。有馬記念は出しますのでよろしくお願いします。
| comments (0) | trackbacks (36)

フェアリーSを考える

 このレースは何といっても、大西直宏の引退レースである、ということに尽きる。

 個人的に大西と言えば'97年の皐月賞だ。それまでに勝っていた重賞といえばアラブ重賞1つだけ、と実績が実力に釣り合っていない騎手が「大外枠が欲しい」と言って見事引き当てた18番枠。『楡馬』紙上で西ノ海さんが◎を打ち、オマケでスポニチの諸星氏も◎。自信を持って大西から買った。18番から全馬へ総流しである。結果はご存知のとおり大波乱。恥ずかしながらこれが今までの馬券人生の最高配当である。

 そんな恩ある大西の引退レースなので、何としても見たいのだが、所用にてリアルタイムで見ることができそうにないのが無念だ。

11メジロアダーラ54吉田豊
2ノボスイーツ54小野
23ニシノマオ54太宰
4シベリアンクラシカ54田中勝
35メイクユーハッピー54二本柳
6アポロティアラ54勝浦
47カノヤザクラ54上村
8デュークラヴィング54内田博
59コスモチーキー54大西
10ウインアンジェラス54津村
611ビーアデビル54武士沢
12マルターズクラシカ54吉田隼
713マイネペローラ54木幡
14サンタフェソレイユ54北村宏
815クーヴェルチュール54後藤
16アラハ54大野


コスモチーキー … 大西のラストライド。大西に打つ最後の印はやはり◎でなくてはいけない。全3走の人気が[8→7→10]なのに対し、着順が[1→5→3]と人気以上に走っているところなどは大西向きの馬と言える。最高の騎乗を期待する。
クーヴェルチュール … 唯一の3勝馬。勝った前走より斤量1kg減でタイムはまだ伸びる。勝ち負け必至。
ニシノマオ … 未勝利勝ちと小倉2歳Sの2着はともに1200m。どちらの時計も1分8秒台と優秀で、1200mのここなら優勝争い。
デュークラヴィング … 余裕勝ちだった前走の内容からここでもやれそう。年間500勝男・内田博幸が前走に続いて手綱をとるのが心強い。
カノヤザクラ … 前走は後方になったがよく追い込んでいて内容は悪くない。まともに位置取りできれば。

 …と、このように書いたものの、これは私の予想を参考にしたい人向け。実際の買い目は印とは関係ないものとする。

 実際の買い目は名付けて「大西と最後の心中馬券」。◎の単勝と、馬単で◎から総流し、とする。

 私情が入りまくりだが、大西で嬉しい思いをするも悔しい思いをするも最後になるのでご理解を頂きたい。
| comments (0) | trackbacks (24)

愛知杯を考える

 いつも土曜重賞は予想しないのですが、ちょっと時間ができたので予想してみます。

 牝馬のハンデ戦は難しいですが、今年はマーメイドSを的中させたので自信を持って考えましょう。

11メジロトンキニーズ52塚田
22キープクワイエット51川島
3レクレドール56柴山
34マルターズヒート52鮫島
5コスモマーベラス56安藤
46ニシノフジムスメ53藤田
7スプリングドリュー53中舘
58マイネソーサリス54佐藤哲
9スルーレート51芹沢
610ヤマトマリオン51菊沢
11ファランドール51津村
712ロフティーエイム53石橋脩
13ピアチェヴォーレ51二本柳
814アドマイヤキッス56武豊
15ソリッドプラチナム53小牧


ファランドール … ハンデ戦で大事なのは勢い。前走勝っていながら斤量が4kg軽くなるのだから買わない手はない。
ピアチェヴォーレ … 前走は負けはしたが、格上である上に距離不足だった感じ。それでも内容は悪くない。調子の良さを買う。
ニシノフジムスメ … 同じコースだったローズSは勝ち馬には離されたがタイムは悪くない。53kgでなら勝負になる。
ソリッドプラチナム … マーメイドSの時ほどではないが近3走もよく追い込んでいる。先週の勢いで今週もステイゴールド産駒を。
コスモマーベラス … 前走より斤量は増えるが、ここ2連勝の勢いは大事にしたい。距離が合えば。

 買い目は馬単で
  ◎=○ ◎=▲ ○=▲ ◎−△ ○−△
の10点で。
| comments (0) | trackbacks (18)
1/2 >>