楡馬blog 楡馬.comへ戻る
<< エルムSとダービーグランプリだ! | main | オールカマーを考える >>

20年前の凱旋門賞

 今日の某スポーツ紙の報道によると、英国記者が「ディープインパクトはダンシングブレーヴを想像させる」と評したとか。

 う〜ん、それはさすがに過大評価だと思う。自国の英雄をそう蔑むものではない。80年代欧州最強馬と肩を並べるほどか? それはおこがましすぎる。過大評価を受けた池江師は「むしろミルリーフに似てるかな」と言ったとか。いや、それも“英国の至宝”と言われた名馬。どっちもどっちだ。

 で、そのダンシングブレーヴは、20年前の1986年、第65回凱旋門賞を勝ったわけだが、その凱旋門賞は出走15頭中11頭がG鞠蓮淵轡磧璽薀好織法▲▲テナンゴ、トリプティク、シャーダリ、ベーリングなどの他、日本ダービー馬シリウスシンボリも含まれる)という、凱旋門賞史上最高のメンバー。それを常識破りなレース運びで勝ったのだ。それを見てみよう。

 まず、コースの形状とスタート位置は、京都競馬場の芝1800mを思い起こせばだいたい良いと思う。

 スタート後のバックストレッチ中ほどでは後方から3,4番手。
1986凱旋門賞1

 ほとんどそのまま3コーナーを過ぎ、フォルスストレートへと入って少しずつ馬群が動き出す。それでもまだダンシングブレーヴは10,11番手くらい。
1986凱旋門賞2

 直線に向いて各馬がスパート。その時点では映像にはないがダンシングブレーヴは最後方。そして直線半ばでダンシングブレーヴが大外から馬群を捕える。
1986凱旋門賞3

 ゴール直前、物凄い脚で一気に先頭に踊り出る。それはまさに他馬の脚が止まったかのよう。
1986凱旋門賞4

 そしてゴールを過ぎたところ。2番手に1馬身半ほどの差をつけた。
1986凱旋門賞5

 タイムはレースレコードを8年ぶりに塗り替える2分27秒7。このタイムは11年後のパントレセレブルに破られるまでレコードとして君臨した。

 しかし、何がスゴイって、終始外外を回って、直線も大外一気の追い込み強襲で他馬をごぼう抜きしたこと。凱旋門賞は追い込みでは勝てないという通説を打ち砕いた勝ち方は、今も伝説として語り継がれているし、またダンシングブレーヴ並みの勝ち方をした馬がその後19年間出ていない。

 ディープインパクトがどういったレースをするのかは分からないが、もし勝ったとしても、ただ勝っただけでは80年代欧州最強馬ダンシングブレーヴ級とは言えないので過大評価のなきよう。(ちなみにダンシングブレーヴのレーティングは史上最高の141ポンド、ディープインパクトは125)
(上の画像ではあまり追い込みの凄さが伝わりにくいかも。ホントは直線で馬群を捕え切る様子を取り込みたかったのだが、手に入った映像が、直線半ばで内側の馬を中心に映していて、大外のダンシングブレーヴが枠の外になってしまって映っていないのだ。枠の外からいきなり入り込んできたダンシングブレーヴに慌ててカメラを動かしたほど。つまり、カメラマンも凱旋門賞で大外一気はありえないと思っていたほど、このレースでの大外一気は珍しいものだった)
| comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks